読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むぎろぐ

元看護師が色んなことを書いていく雑記ブログ

やっぱり面白い!今話題の「クズの本懐」のあらすじや名言を紹介します

初めて当ブログに訪れた人におすすめの記事をPick Up!1. 自己紹介やお問い合わせ
2. はてな初心者の方に見てほしい!ブログ運営について書いた記事
3. アマゾンですぐに購入できるおすすめのものを紹介
4. 人気ブロガーになる方法を人気ブロガーに聞いてみた
5. 僕の仕事に対する考え方についてまとめた記事

【スポンサードリンク】

f:id:nmugi:20170130215740j:image

 

こんにちは。

今回も、漫画を紹介したいと思います。

おすすめの泣ける漫画についての記事は下にまとめています。

もしよければ読んで下さい。

関連記事:おすすめの泣ける漫画10選を紹介する【完結済み】

 

はじめに

以前一度紹介しているのですが、

今回も「クズの本懐」を紹介したいと思います。

なぜもう一度紹介しようと思ったかというと、

前回の紹介で魅力が伝わったのか不安だったのと、

やっぱり面白い漫画なので、色んな方に読んでほしいと思ったからです。

ちなみに、前回の記事はこちらからです。

<前回書いたクズの本懐についての記事>

関連記事:やっぱり面白い!今話題の「クズの本懐」のあらすじや名言を紹介します - むぎろぐ

 

では、紹介したいと思います。

 

あらすじ

前回も紹介していますが、一応、あらすじです。

 安楽岡花火と粟屋麦は一見理想の高校生カップル、しかし2人とも他に好きな人がいることを了解しながら一緒にいるのだった。花火は幼い頃からお兄ちゃんと慕っていた鐘井鳴海を、麦は昔家庭教師をしてくれた皆川茜が好きだった。それぞれ花火たちの高校の新任教師になった鐘井と茜は次第に距離を縮めていく。それを見守る花火と麦はお互いに似たところがあるのを感じ、お互いを好きにならないこと、どちらかの恋が実ったら別れること、そしてお互いの身体的な欲求にはどんなときでも受け入れることを条件に付き合っている振りをすることになる。

 こちらはクズの本懐 - Wikipediaから引用しています。

 

やっぱり、面白い漫画はあらすじだけ見ても引き付けられますよね。

「こんな関係あり?」

とか

「えっ、なんでこんなことになるの?」

と思ってしまいますよね。

作者の横槍メンゴ先生は女性なのですが、

女性の心情の描き方がすごい上手だと思うんですよね。

かといって、男性が読んでも普通の面白いです。

こればかりは読んで下さいとしか言えないのですが、

男性が見ても、女性が見ても面白いと思える内容なんですよね。

もうすでに読みたくなった方、リンクはこちらからです。

 

 

クズの本懐の魅力

クズの本懐にはいくつか魅力があります。

その一つは、登場人物ですね。

登場人物は前回書いた記事でも紹介していますので、

ぜひ見てください。

登場人物それぞれ外面はいいのです。

例えば、

成績優秀、イケメン、かわいい

等ですね。

ですが、クズなんです!

そこが面白いし、魅力的なんですよね。

感情移入できるかといえばできないんですが、

見ていて面白いんですよね。

 

名言

クズの本懐には、いくつか名言があるんですよね。

それがまた登場人物のクズっぽさを際立たせているというか、

言葉の選び方にセンスがありすぎるというか、

めちゃくちゃ言ってるのに、

なんか心に残るんですよね。

いくつか紹介しますね。

 

名言①

主人公・花火が告白してきた男に食い下がられた時に放った言葉

「興味のない人から向けられる好意ほど、気持ちの悪いものってないでしょう?」

です。

これを、平然とした顔で言います。

そう思っていても、言いませんよね、普通は。

嫌っている人から告白された女性の方、

これで返したら男はもう絶望しますよ笑。

 

名言②

麦の好きな音楽教師・茜の学生時代のエピソードです。

仲の良い友人がこっそり教えてくれた好きな人を奪った時の改装シーン。

「これからも仲良くしてね」

と無理やり友人が作った笑顔を見て茜が思ったのは

「こんなふうに搾取される側には死んでもまわりたくない」

でした。

これはひどすぎる!

でも、これを読んではまった読者も多いはずです。

 

他にもたくさんありますが、止まらなくなるのでこれくらいにしておきます。

 

まとめ

いかがでしたか。

今回2度目の紹介でした。

 

本当に面白い漫画ですので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

ではまた。

 

おすすめの漫画についての記事紹介

おすすめの漫画について他にも記事を書いています。

もしよければ読んで下さい。