読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むぎろぐ

元看護師が色んなことを書いていく雑記ブログ

「仕事行きたくない」と感じた時は要注意!ストレスによる身体の変化

初めて当ブログに訪れた人におすすめの記事をPick Up!1. 自己紹介やお問い合わせ
2. はてな初心者の方に見てほしい!ブログ運営について書いた記事
3. アマゾンですぐに購入できるおすすめのものを紹介
4. 人気ブロガーになる方法を人気ブロガーに聞いてみた
5. 僕の仕事に対する考え方についてまとめた記事

【スポンサードリンク】

どうも、むぎです。

今回は、仕事についての記事を書いていきます。

以前仕事について書いた記事は以下の記事にまとめていますのでぜひ見てください。

関連記事:僕が仕事について感じること、思うことをまとめてみた 

 

今回の記事は「仕事行きたい」と感じている方、ストレスを感じている方に対して書いています。

難しい言葉は使っていないつもりですので、軽い気分で読んでもらえたらと思います。

 

「仕事に行きたくない」と感じた時は要注意!

f:id:nmugi:20170503150039p:plain

「仕事に行きたくない」

仕事をしている方は一度は感じたことがあるかと思います。

感じているだけならまだいいですがストレスによって身体に何かしらの変化が出ている方もいると思います。また軽い症状もあるので気付いていない方も多いと思います。

今回は、そういった症状と対処法を紹介します。

ただ、これは僕が思ったことをそのまま書いているだけで、専門的な本を読んだわけでもありませんし、絶対ではありません。

心配に感じたなら、迷わず心療内科や精神科を受診するのが一番です。

 

もし今の仕事がつらくて「仕事を辞めたい」「転職したい」と感じている方がいればその方が良いかもしれません。今のまま仕事を続けていてうつになったりすれば仕事に復帰するのが難しくなります。

仕事を辞めることは悪いことではなくて良いことだらけかもしれませんよ。

そういう内容の記事も過去に書いています。もしよければ読んで下さい。

関連記事:仕事を辞めることは悪いことじゃない、むしろ良いことだらけかもしれないよ 

 

 

ストレスによる身体の変化

f:id:nmugi:20170503150306p:plain

それでは、ストレスによって感じることや起こる身体の変化と、その対処法を紹介しようと思います。

 

ストレスによる身体の変化1:なんとなく「仕事行きたくないな」と思うが、休みの日は遊べる

見出しの内容そのままなんですけど

仕事の日は「仕事行きたくないな」と感じていますが、休みの日は友人や家族としっかり遊べてストレス発散ができるという人。

こういう方はまだ大丈夫ですね。

ストレスを発散する方法は様々です。簡単に例を挙げてみましょう

  • 友人と遊ぶ
  • 飲みに行く
  • 買い物に行く
  • 彼女や彼氏、家族と過ごす
  • 読書をする
  • ブログを書く

要するに、好きなことをすればいいのです。

好きなことをすれば内容によって疲れることもありますけど、精神的にリフレッシュできます。ぜひ、楽しんでください。

 

ただこういう方は相談できる人もいるでしょうし、そんなに身体を心配する必要もないでしょう。

でも、不調を感じることがあれば、すぐに受診してください。

 

ストレスによる身体の変化2:「仕事行きたくない」と常に感じ、休みの日は家から出ずに休んでいる

これも見出しの内容そのままなんですが、ここまでくると少し心配です。

疲れて外に出れないというのはありがちだと思うのですが、休みの日に全く人と関わらないというのは心配です。

 

しっかり休んで切り替えができる人はいいですが職場の人や友人、家族に仕事の悩みや不安などを相談できていますか?

愚痴でもいいので、言い合える人はいますか?

この段階で相談できるかどうかは後になってすごく大事だと思います。

相談しやすい人がいれば相談しもしいなければ心療内科に一度受診してみましょう。

 

ストレスによる身体の変化3:胃痛や下痢、頭痛や吐き気、寝付けないといった症状がある

ここまでくると本当に心配ですね。

身体的な症状が出ている方です。

仕事での悩みや不安が頭から離れない、仕事でのミスが増える、といったことが多くなってきていませんか?

仕事に行く日に、吐き気や頭胃痛などを感じていませんか?

また、夜や休みの日にしっかり睡眠をとれていますか?

症状を簡単にまとめてみます。

  • 朝起きるのがつらい
  • マイナス思考になった
  • 下痢や嘔吐が1週間以上続く
  • 「死のう」と考えてしまう
  • 食欲が低下した
  • 寝付けない
  • 夜何度も目が覚める
  • 脱毛症

これ以外にも症状はありますけど、ざっと挙げるとこんな感じです。

以上のような症状がある方は、すぐにでも心療内科や精神科を受診しましょう。

これ以上進んでしまうと、うつや適応障害といった病気になり仕事に復帰という場合ではなくなります。

また、ひどい場合には高血圧や脳卒中といった循環器系の病気になる方もいます。

自殺に至ってしまう方もいるかもしれません。

 

少しでも症状があれば、休養が第一です

f:id:nmugi:20170503150601p:plain

少しでも身体に不調を感じている方は、休養が第一です。

取返しのつかないことになる前に、医師の診察を受けましょう。

「自分はまだ大丈夫」

と思う方がいるかもしれませんが、

「大丈夫」と思っている時点で、

ストレスがかかっているわけですよね?

無理をせずに、受診しましょう。

 

仕事のストレスに関する本

f:id:nmugi:20170503120454p:plain

仕事のストレスに関する本を調べたら、こんな本がありました。

 

まとめ

f:id:nmugi:20170427191623p:plain

いかがでしたか?

今回は仕事のストレスについて書いてみました。

繰り返しになりますが専門書を読んで書いているわけではないので、間違ったことも書いているかもしれません。

でも、精神科で働いたことがある元看護師としての経験からこれだけは言えます。

ストレスによって不調を感じた方がいれば、すぐにでも受診してください

 

相談できる人が身近にいれば相談してもいいですがその人が「大丈夫、考えすぎだよ」

なんて返してきたらどうしますか?

そのままになってしまいますよね。

身体は結構正直なもので、それは他人にはわからないことです。

自分の身体が感じていることですから、それを信じましょう。

不調を感じたら迷わず受診です。

 

記事の内容は以上です!

おすすめの記事をご紹介

他にも仕事についての記事を書いています。

 もしよければ読んで下さい。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。  

ではまた!