むぎろぐ

仕事に行きたくないアラサー会社員の雑記ブログ

ロングテール効果をブログで活かせばアクセス倍増!わかりやすく説明してみた

どうも、むぎです。

今回はブログについて記事を書いていこうと思います。

この記事は現在ブログを運営されている方で

「ロングテール効果ってなに?」という方の参考になれば嬉しいです。

できる限り初心者の方にもわかるように説明したいと思うので気楽に読んで下さい。

 

では、書いていきますよ~

当ブログはついに100記事達成しました

f:id:nmugi:20170330190913j:plain

私事ですが先日、ついに100記事を達成しました。

毎日1記事書いていれば3ヶ月ちょっとで達成できるはずなんですけど、丸4ヶ月かかってしまいました。まぁ、仕方ないですね。

 

100記事と言えば「ロングテール効果がそろそろ出てくるよね」とか聞くじゃないですか?

僕はとりあえず「ブログを実際に始めてからいろいろ覚えればいいや」と思っていたタイプなのでそういう知識とか準備を全くしてこなかったんですよね。

この記事を書くまでは

「ロングテールってなに?おいしいの?」

って感じでしたよ(笑)

こんなだから全然検索流入が増えないんですねぇ。

 

4月の運営報告では運よく1つ記事がバズったおかげでアクセス数が順調に伸びている風になっているんですけど、実際は不安で仕方がありません。

関連記事:アクセス数2万、収益1万超え達成!ブログ初心者の運営報告と今後について 

バズがなければ1万PVいくかいかないかですし、今ははてなの読者の方々に頼りきりになっている状況ですからね。

(はてなブログの方、いつもありがとうございます)

今のアクセス数を維持するだけならどうにかなるかもしれないですけど、今後さらにアクセスを増やすためには「何か」具体的な策が必要でしょう。

 

その「何か」というのが今回の記事です。

今回は「ブログにおけるロングテール効果」について調べてみたので書いていこうと思います。

 

ロングテール効果とブログ

f:id:nmugi:20170502215532j:plain

それでは、ロングテール効果とブログについて書いていきますよ~

 

ロングテール効果とは

それではまず、ロングテール効果について調べてみました。

Wikipediaから一部引用します。

ロングテール(英語: the long tail)とは、インターネットを用いた物品販売の手法、または概念の1つであり、販売機会の少ない商品でもアイテム数を幅広く取り揃えること、または対象となる顧客の総数を増やすことで、総体としての売上げを大きくするものである。

出典:ロングテール - Wikipedia

 

ちょっと表現が難しくて分かりづらいかもしれませんが、分かりやすい例が身近にあるのでそちらで考えて見ましょう。

その身近にあるものというのが実は「アマゾン」や「楽天」です。

みなさん、アマゾンや楽天は普段利用していますよね?

 

実はアマゾンや楽天はこのロングテール効果によって利益を生み出しているといっても過言ではないはずです。

 

わかりやすく説明していきます。

アマゾンや楽天って、商品の種類すごく多いですよね?

商品の種類が多い➡見てくれる客が増える

見てくれる客が多い➡いろんな趣味や好みの客がいる

そうすると、マイナーな商品でも売れるようになる。

結果、全体的な売り上げが増える。

意味分かりましたかね?

このような流れのことを「ロングテール効果」といいます。

恐竜の尻尾のようなグラフになることからこの名前がついたそうですよ。

 

ロングテール効果とブログ

それでは、ロングテール効果について理解したところで、ブログの話をします。

僕のブログは雑記ブログなので、このロングテール効果が見込める可能性があるんじゃないかと思っています。

 

さっきのアマゾンや楽天の例を雑記ブログに置き換えて考えてみましょう。

いろんな商品の種類がある➡いろんな(タイトル、内容の)記事を書いている

いろんな趣味や好みの客が増える➡いろんな趣味や好みの読者が増える

という流れですね。

 

雑記ブログにはいろんなワードで検索を狙える可能性があって、1つ1つの記事の読者は少ないかもしれないけど記事数が増えれば全体のアクセス数も増えるということですね。

 

ロングテール効果をブログで活かすために参考になる記事

f:id:nmugi:20170502215639j:plain

では、どうすればロングテール効果をブログで活かせるのでしょうか?

 

頭で理解できても実践できなければ意味がないので実践したいけど、どうやって実践したらいいんだという方にとても参考になるサイトがあります。

参考になるサイトはこちら。

bazubu.com

超有名なサイト「バズ部」さんの記事ですね。

実はこちらのサイトはブログを始める前に少し読んだんですけど、難しく感じてしまってすぐに読むのをやめてしまいました。

 

アホでしたね僕は。

 

実際にブログを4ヶ月運営してきた今だからこそかもしれませんけど、この記事めちゃくちゃわかりやすいです。ブログ初心者の方でもわかりやすいように書かれていると思います。

なんでちゃんと理解できるように読まなかったんだ僕は。

これをちゃんと読んでブログを運営していたら今のアクセス数は変わっていたかもしれないなと思うほどです。

ただ、過ぎたことを後悔しても遅いので今から頑張ります。

 

ロングテール効果をブログで活かす

f:id:nmugi:20170502220027j:plain

「バズ部」さんの紹介した記事にすべて書かれているので詳しくは書きませんけど、簡単に流れを説明します。

ちなみにバズ部さんの記事では専門ブログを例にとって考えてあります。僕のブログの場合は雑記ブログなので雑記ブログを例に考えていきます。

 

カテゴリーをトップページに

僕のブログの場合では「ブログ運営」「看護師」とか「仕事」がそれです。

ここでは「仕事」カテゴリーに絞って考えていきます。

この「仕事」カテゴリーが紹介した記事で言うトップページです。

この「仕事」につながるように子カテゴリーを考えていかないといけません。

 

ただ「仕事」だけだと所謂ビッグワードになっていて雑記ブログでは厳しいかもしれないので次に紹介する子カテゴリー「仕事行きたくない」をカテゴリーにして1つずらしていく方がより効果が早く実感できるかもしれません。

 

子カテゴリーをミドルワードにする

 そして重要なのはここ!

「仕事」に続くキーワードがミドルキーワードになります。

どうやって調べればいいかというと、検索すればいいんです。

「仕事」で検索すると…

f:id:nmugi:20170502212657p:plain

「仕事 行きたくない」が一番上に出てきますね。

僕のブログでカテゴリーを3つ作るなら

「仕事 行きたくない」

「仕事 ミス」

「仕事 できない」

とかでしょうか。

 

記事をロングテールキーワードにする

これも検索で調べることができます。

「仕事 行きたくない」に続くキーワードですね。

f:id:nmugi:20170502211715p:plain

一番上に出てくるのが「仕事 行きたくない 休む」ですね。

これをキーワードに記事を書いていけばいいんですね。

検索だけでなくてグーグルのキーワードプランナーも併用するとより良いかもしれません。

 

こうして考えてみるとSEOを意識すれば 自然とキーワードが決まるんですね。

記事ネタに困らないかもしれませんね。

 

細かく書いていくときりがないので、詳しくは紹介した「バズ部」さんの記事を読んでみてください。

 

リライト大変だけどやるしかない

f:id:nmugi:20170409131647j:plain

はい、まとめになります。

ロングテール効果、わかりましたか?

僕は大体理解できた気がするんですけど、リライトめっちゃ大変なことになりそうです。ただ今回の記事でロングテール効果を調べてみて以前書いたこの記事は間違ってなかったことがわかりました。

関連記事:ブログ初心者はカテゴリー毎にまとめ記事をつくるだけでSEO対策になるんじゃないか 

そしてリライト方法も以前記事にしていました。

関連記事:はてなブログSEO対策!記事のリライト方法を参考にした記事ととともに紹介する 

 

こんな記事書いてるのになんで今までちゃんとやらなかったんだー

と自分にツッコミを入れたいところですけど、まぁめんどくさかったんです。

 

でも今後のことを考えたらやるしかない。

ここまでやってしまうともう専門サイトみたいだし正直新しいサイト作った方が絶対簡単なんじゃないかとか思ったんですけど、はてなブログはやめたくないのでやめません。このブログを続けながらワードプレスでサイト作るって方法もあるし、ぼちぼち考えます。

どっちにしてもリライトは必須ですからやります。

運営報告の記事で毎日書きたいって言いましたけど無理かもしれません(笑)

でもこういうめんどくさいこともブログが好きだからやれるわけで、楽しんでやりたいと思います。

 

記事の内容は以上です!

おすすめの記事をご紹介

他にもブログについて記事を書いています。

もしよかったら読んで下さい。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ではまた!