むぎろぐ

むぎろぐ

元看護師が色んなことを書いていく雑記ブログ

親知らずは抜いた方がいい場合と抜かなくてもいい場合がある

初めて当ブログに訪れた人におすすめの記事をPick Up!1. 自己紹介やお問い合わせ
2. 当ブログのトップページ⇦まずはこちらから
3. Amazonで買ってよかったおすすめの物をご紹介

【スポンサードリンク】

f:id:nmugi:20170601205523p:plain

どうも、むぎです。

今回も親知らずについて懲りずに書いていこうと思います。

前回書いた記事はこちらです。

親知らずの注意点や流れについてできる限り詳しくまとめていますのでもし気になる方は読んでください。

関連記事:親知らずの抜歯って痛いの?流れや注意点を調べてみた 

 

親知らずの抜歯まだ僕はしたことがないんですけど歯医者を受診した時に「虫歯になりやすいから抜いたほうがいいかも」と言われて色々と調べているんです。

 

「虫歯になりやすい」とか「抜いたほうがいい」って言われるとやっぱり気になるじゃないですか。

「えっ、マジで?抜かないとヤバイの!?」とか

「抜歯って絶対痛いじゃん」とかね。

ただ色々と調べていくと「抜いたほうがいい親知らず」と「抜かなくてもいい親知らず」があるようなので備忘録もかねて書いてみることにしました。

 

この記事は「親知らずって絶対抜かないといけないんじゃないか」と考えている方の参考になればと思います。

 

では、書いていきますよ~

親知らずとは

そもそも「親知らずとは」ということについて書いていこうと思います。前回の記事でも書いていますし「知ってるよ」という方もいるでしょう。そういう方は読み飛ばして下さい。

親知らず・親不知(おやしらず)とは、ヒトの歯の一種。「智歯」「知恵歯」「第3大臼歯」、歯科用語では「8番」(前から8番目の歯)とも呼ばれる。おおむね10代後半から20代前半に生えてくる。全ての人が4本生えてくるわけではなく、上下左右の4本が揃わない場合もあるほか、おおむね4人に1人の割合で全く生えてこない人もいる。

出典:親知らず - Wikipedia

10代後半から20代前半という「親に知られない時期」に生えてくるために「親知らず」と言います。ちなみに4人に1人の割合で全く生えてこない人もいるとありますが日本人は顎が小さいためより生えにくいようです。

関連記事:親知らずが生えない人に特徴はあるの?生えない割合(確率)はどのぐらい? | デンタルブログ

 

少し引用します。

現代人は固い物より軟らかいものを好んで食べるようになりましたので、下顎の発達が抑制される傾向が見られます。

その結果、下顎が小さくなり、親知らずが生えないケースが増えてきたのです。

出典:親知らずが生えない人に特徴はあるの?生えない割合(確率)はどのぐらい? | デンタルブログ

現代人は硬い食べ物を食べることが少なくなり下顎が小さくなることで親知らずが生えない人が増えてきているようです。今後もしかしたらもっと減るかもしれませんね。

 

抜いた方がいい親知らず

それではまず抜いたほうがいい親知らずとはどんな親知らずなんでしょうか。

前回の記事でも書きましたがその親知らずというのはまっすぐ生えてこずに斜めに生えてくる場合が多いのです。

それは

上下の歯と噛み合っていない場合や痛みがあったり腫れたりしている

場合です。

上下の歯と噛み合っていないと歯磨きをする際に歯ブラシが届きにくくなり虫歯や歯周炎になってしまう可能性が高いのです。

 

そういう親知らずの場合は抜歯した方がよいのです。

 

ちなみにもし抜歯を検討されている方は若いうちに抜いてしまった方がいいです。下の記事にその理由を詳しくまとめています。

関連記事:親知らずの抜歯は若いうちにした方がいい理由を詳しくまとめた 

 

「もう抜いてしまった」という方には痛みや腫れを軽減するために抜歯後の注意点についても詳しくまとめています。

関連記事:親知らずの抜歯後の注意点をまとめてみた【痛みや腫れを軽減する】

 

抜かなくてもいい親知らず

それではここで本題です。抜かなくてもよい親知らずもあります。

それは以下のような場合です。

  • きれいに(まっすぐ)生えていて、歯磨きに問題がない場合
  • 一部だけ生えていて他の歯に影響がない場合
  • 完全に骨の中に埋まっている場合
  • 十分に歯磨きができている場合

虫歯になったり歯周炎になる可能性が低い場合には親知らずが生えていても抜かなくてもいい場合もあります。

 

きれいにまっすぐ生えていて抜かなくてもいい場合には自分の歯が1本余分に生えたことになります。

得した気分にはならないかもしれませんが子どもでもないのに不思議な気分になりそうですね(笑)

 

抜かなくてもいい親知らずについてのまとめ

f:id:nmugi:20170601205541p:plain

今回は抜かなくてもいい親知らずについて書いてみました。

虫歯や歯周炎になる可能性が低い場合には親知らずを抜かなくてもいいのです。最終的な判断はやはり受診している歯科の先生の判断になるかとは思いますが歯科で「(抜くのか抜かないのか)どうしますか?」と聞かれる場合もあります。

 

そういった時にこういう知識があれば自分で判断できる1つの目安になるかもしれませんよ。

 

親知らずの抜歯で悩んでいるあなたの少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

記事の内容は以上です。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ではまた!