むぎろぐ

仕事に行きたくないアラサー会社員の雑記ブログ

親知らずの抜歯は若いうちにした方がいい理由を詳しくまとめた

f:id:nmugi:20170611091358p:plain

どうも、むぎです。

またまた懲りずに親知らずについて書いていこうと思います。

親知らずの抜歯の流れや注意点については以下の記事にまとめています。詳しく分かりやすくまとめているつもりなのでもしよければ読んでください。

関連記事:親知らずの抜歯って痛いの?流れや注意点を調べてみた 

 

「もう抜いてしまった」という方には痛みや腫れを軽減するための抜歯後の注意点についても詳しくまとめています。

関連記事:親知らずの抜歯後の注意点をまとめてみた【痛みや腫れを軽減する】

 

僕はまだ親知らずの抜歯をしたことがないんですけど歯科を受診した時に「虫歯になりやすくなってるから抜いたほうがいいかも」なんて言われて色々と調べているんです。

 

「虫歯になりやすい」とか「抜いた方がいい」とか言われるとやっぱり気になるじゃないですか。

色々と調べていくうちに親知らずの抜歯は若いうちにした方がよいということが分かったので今回はそのことについて書いていこうと思います。

 

この記事は「親知らずの抜歯ってなんで若いうちにした方がいいの?」と疑問を持っている方に向けて書いていきますよ~

親知らずとは

ではまず親知らずとはということについて書いていこうと思います。もし以前の僕の親知らずについての記事を読んでいる方は同じ内容なので読まなくて大丈夫です。もう「知ってるよ」という方ももちろん読み飛ばして頂いて構いません。

親知らず・親不知(おやしらず)とは、ヒトの歯の一種。「智歯」「知恵歯」「第3大臼歯」、歯科用語では「8番」(前から8番目の歯)とも呼ばれる。おおむね10代後半から20代前半に生えてくる。全ての人が4本生えてくるわけではなく、上下左右の4本が揃わない場合もあるほか、おおむね4人に1人の割合で全く生えてこない人もいる。

出典:親知らず - Wikipedia

乳児の生え始めの時期とは異なり10代後半から20代前半という親に知られることのない時期に生えてくるから親知らずと呼ばれています。4人に1人の割合で全く生えてこない人がいるということですが日本人は顎が小さいのでさらに生えにくいようです。

 

ちなみに親知らずには抜いた方がいい場合と抜かなくてもいい場合があります。詳しくは下の記事にまとめていますのでもしよければ読んで下さい。

関連記事:親知らずは抜いた方がいい場合と抜かなくてもいい場合がある 

 

親知らずの抜歯は若いうちにした方がいい理由

f:id:nmugi:20170611091417p:plain

さてここで今回の記事の本題になります。親知らずの抜歯は若いうちにした方がいいのです。

まず親知らずが生えてくる年齢は10代後半から20代前半という比較的若い時期ですが色々と調べていくと抜いたほうがいい場合にはその若い時期の方がいいとのこと。

その理由を書いていきます。

親知らずの抜歯を若いうちにした方がいい理由1:腫れや痛みが少なくてすむ

生え方や位置(上下)にもよるかと思うので一概には言えませんが若いうちに抜歯をする方が腫れや痛みが少なくてすむ可能性が高いです。理由としては若いうちは歯自体や骨が柔らかいためです。

 

親知らずの抜歯を若いうちにした方がいい理由2:骨が回復しやすいため

若いうちは年齢を重ねた方と比べるとやはり身体全体の回復力が早いですよね。それはすなわち抜歯後の骨の回復も早いということです。これは口腔内に限ったことではなく若いうちは骨折の治りも早いですよね。そういう理由です。

 

親知らずの抜歯を若いうちにした方がいい理由3:虫歯や歯周炎になってしまう前に抜歯することができる

先ほど記事の中で親知らずがあると虫歯や歯周炎の原因となる可能性があると書きました。理由は歯磨きを行う際に親知らずが邪魔をして歯ブラシが届きにくいからなんですが若いうちに抜歯することで虫歯や歯周炎になってしまうことを防ぐことができます。

 

親知らずの隣の歯が虫歯になったり歯周炎になってしまえばその分治療の期間も長くなってしまう可能性が高いです。

 

親知らずの抜歯を若いうちにした方がいい理由4:歯並びが悪くなるのを防ぐことができる

女性とかは特に気にする方が多いかもしれませんね。親知らずがまっすぐ生えている場合には問題ない可能性が高いですが斜めに生えている場合は親知らずが隣の歯を押して歯並びが悪くなってしまう可能性があります。

若いうちに抜歯をすることでそうなるのを防ぐことができます。

 

親知らずの抜歯を若いうちにした方がいい理由5:女性は妊娠すると親知らずの抜歯をすることができない

親知らずの抜歯は外科的な手術になるのでどうしても出血を伴います。出血を伴うということは傷口から感染のリスクがあるということです。感染のリスクを予防するためには抗生物質の内服が必要になりますがその抗生物質が妊娠している場合胎児に悪い影響を及ぼす可能性があるのです。

 

下の記事が非常に参考になるのでもし妊娠されている方で抜歯に悩んでいる方は読んで下さい(おそらく妊娠していることを歯科で伝えると抜歯はしないはずですが)。

関連記事:妊娠中の抗生物質は奇形を引き起こす?妊娠初期は注意!

 

奇形のリスクがあるため妊娠初期は特に抗生物質の服用は控えた方がいいとのこと。若いうちに妊娠する方もいるかと思いますが妊娠前に抜歯しておいた方がいいということですね。

 

歳を重ねるごとに親知らずの抜歯によるリスクは高まる

f:id:nmugi:20170611091706j:plain

若いうちに親知らずの抜歯をした方がいい理由を説明しましたがその逆を考えると歳を重ねるごとに親知らずの抜歯によるリスクは高まっていくわけです。骨が出来上がってしまえば抜く時に痛みや腫れがひどくなる可能性が高くなりますし手術の時間も長くなってしまうかもしれません。

 

他に怖いのは歳を重ねると元々病気を持っている可能性が高くなることでしょうか。高血圧や糖尿病などです。特に糖尿病をお持ちの場合には麻酔の関係から小さなクリニックでは対応できない場合が多いと思います。その場合は大学病院や総合病院で入院を伴う治療が必要となる場合があります。

 

さらに言えば合併症。歳を重ねるにつれ免疫力が低下し感染等の合併症を起こす可能性が高いです。

 

もし高齢で親知らずの抜歯を考えている方で何らかの持病がある方は歯科を受診した際に必ず伝えるようにして下さい。

おそらく受診した際に病気や内服薬等の確認はしてもらえると思いますがそれだけリスクがあるということですので必ず伝えてくださいね。

 

親知らずの抜歯を若いうちにした方がいい理由をまとめた

f:id:nmugi:20170601205541p:plain

ではまとめになります。

親知らずはまっすぐ生えている場合や虫歯や歯周炎になる可能性が低い場合を除けば若いうちに抜歯した方がいい理由をまとめてみました。

 

僕自身もこの記事を書いていて焦っていますが親知らずの抜歯をするかしないかで迷っている方は早めにした方がいいかもしれませんよ。

 

この記事が親知らずの抜歯で悩んでいる方の役に立てば嬉しいです。

 

記事の内容は以上です!

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ではまた!