むぎろぐ

仕事に行きたくないアラサー会社員の雑記ブログ

小川珈琲のカフェオレを購入したのでレビューします

f:id:nmugi:20170823135913j:plain

小川珈琲の味をご家庭で。

 

本日も当ブログをお読み頂きありがとうございます。

どうも、むぎ (@mugiblog) です。

 

今回はレビュー記事です。今までにも「Kindle Paperwhite」や「大人キャンパス」等を紹介してきましたが今回はコーヒーを紹介したいと思います。

 

小川珈琲とは

まずは小川珈琲とは何かということについて書いていこうと思います。公式ページ「小川珈琲」にある「小川珈琲について」というページから引用します。

 私達は京都の珈琲職人です。

昭和27年(1952)、京都で珈琲づくりを始めてから今日まで、私達は珈琲職人として、さらなる本物の追求を怠らず、誇りと責任を持って、原材料の厳選及び製造技術、品質管理の向上をめざしてきました。

私達がめざす《本物》とは、健やかな大地が育てたコーヒー豆だけが秘めている品種本来の味と香りでつくりあげる珈琲です。

それは、珈琲を愛する方の《珈琲ごころ》に伝わる珈琲であり、珈琲を味わい尽くした方に「クセになる」と愛していただける珈琲です。

私達はここにこそ「おいしい珈琲の未来」があると確信して、珈琲の各品種それぞれのおいしさの本質と、その本質を秘めた生豆を、ひたすら追い続けています。

出典:小川珈琲について : 会社情報 : 小川珈琲

 小川珈琲というのは京都にある会社です。会社概要から珈琲に対する想いやこだわりを感じます。こういうこだわりが書いてあると惹かれてしまうのは僕だけでしょうか。

ちなみに京都本店はめちゃくちゃおしゃれ。僕は行ったことはないのですが画像だけでもおしゃれ感が伝わってきます。

外観はこちら。

f:id:nmugi:20170823141733j:plain

内観の画像。めちゃくちゃおしゃれなカフェ。一度は行ってみたい。

f:id:nmugi:20170823141852j:plain

 

小川珈琲の味を自宅で楽しもう

僕のような地方のド田舎に住んでいる方に朗報です。なんと自宅で小川珈琲の味を楽しむことができます。近所のスーパーに売っているのを発見しました。

f:id:nmugi:20170823142157j:plain

僕が購入したのはカフェオレ(砂糖不使用)です。僕はコーヒーが好きでよく飲みますが味に関しては素人ですが素人なりの感想を書いていこうと思います。

 

まずカフェオレということで甘いものを想像していましたが砂糖不使用ということでそれほど甘くありません。「ほんのりとした甘み」という感じでしょうか。僕は甘ったるいものは好きではないので好印象ですが甘いものを求める方にはあまりおすすめできないかもしれません。

 

少し苦みもありますがそれほど感じることもなくむしろすっきりとしています。香りも普通のカフェオレよりも豆の香りを感じることができますがそれほど強い香りでもないです。

 

全体としてはカフェオレとして飲むと少し甘さが足りませんが甘いのが苦手な方にはちょうど良いといった印象です。「カフェオレは飲めるけどコーヒーは飲めない」という方はちょうど中間のような感じなので一度飲んでみるとコーヒーに挑戦するきっかけになるかもしれません。

 

また砂糖不使用ということで女性にも嬉しいポイントではないでしょうか。

 

少し分かりづらい感想だったかもしれませんが、僕としては非常においしく飲むことができ満足です。

 

小川珈琲のカフェオレをレビューしました

f:id:nmugi:20170823135913j:plain

今回は小川珈琲のカフェオレ(砂糖不使用)を購入したのでレビューしてみました。僕としては非常に満足の商品で今後もカフェオレが飲みたくなった時には購入してみようと考えています。

 

近所に小川珈琲の店舗がない方でも近所のスーパーで購入することができますし、なんと、あのAmazonでも購入することができます。購入はこちらからどうぞ。

 

もし気になっている方はぜひ、飲んでみてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

それでは、また!