むぎろぐ

むぎろぐ

仕事に行きたくないアラサー会社員の雑記ブログ

「仕事に行きたくない」と休むのは悪いことではない!むしろ当たり前のことだ。

どうも、むぎです。

今回は仕事についての記事を書いて行こうと思います。

仕事については以前も書いていて、こちらの記事にまとめています。

関連記事:僕が仕事について感じること、思うことをまとめてみた 

 

この記事は

「あー明日も仕事だ!行きたくねぇ〜」

「なんならもう適当に理由つけて休むか〜」

「でもなぁ〜」

みたいな人に読んでもらえたら嬉しいです。

 

では書いていきますよ〜

みんな仕事には行きたくない

f:id:nmugi:20170722080451j:plain

これはもう当たり前みたいな感じ。

「えっ、逆に仕事行きたい!行きたくて仕方がない!って人いるの?」

みたいなね。

(たぶん普通にいます)

 

まぁ仕事が楽しくて仕事が生きがいみたいになってる人はいいと思うよ?

 

そういう人ってどれくらいいるんだろうか?

少なからずいるとは思うけど決して多くはないよね、きっと。

 

たぶん

「仕事なんて行きたくねぇよくそがー!!」

って人が多いんじゃないかなぁ。

 

「好きなことを仕事に」

って人もいるけどそれはそれで辛いこともあるんじゃないかな。

 

「好きだからこそここは譲れない!」

みたいなことも大人の事情察して結局譲らないといけなくなったりとかあるんじゃないかな。

 

「お金になってそれが楽しいな」ってもう、仕事じゃなくて趣味なんじゃないかな?

 

例えば

僕はブログをしていてお小遣い程度だけど収入がある。

もっと収入が増えてそれだけで生活できるようになるとする。

そうなればもう最高だ。

趣味を楽しくやってお金が入るんだから。

 

でも今より収入が増える代わりに色んなことが制限されるとする。

「こういう記事しか書いちゃダメ!」

みたいにね。

 

そうなったらもうそれは仕事。

楽しくなくなる気がする。

 

まぁ実際そんなことになるかもわからないし、できないかもしれないけど。

 

楽しくなくなったらもうブログしたくなくなるかもしれない。

 

まぁ、そういうこと。

 

だから大きな括りで言えばみんな仕事行きたくないんじゃないか?

 

まぁそういうことにする。

 

残業おばけを恐れずに定時ダッシュを決め込む

f:id:nmugi:20170722080547j:plain

本題に行く前にちょっと余談。

どの会社にもおそらく1人はいるであろう残業おばけについて書いていく。

残業おばけというのは、その日にしないといけない仕事と明日できる仕事の区別をつけることができなかったり定時になってもしゃべっていたりしてだらだらと無駄に残業をしている可哀想な人たち。

 

こういう人たちは「仕事を休みたい」と思っているにもかかわらず誰かが休むと「それはダメ、ずるい」という風に思ってしまうクソみたいなやつらだ。

 

残業おばけに関わっているとろくなことにならないから日頃から定時ダッシュを決め込んでおくことが大切だ。

関連記事:残業おばけを恐れずに定時ダッシュを決め込む件 

 

「行きたくない」と思うのに休めない

f:id:nmugi:20170722080606j:plain

例えば「行きたくない」って思ったら好きなだけ休める世の中になったとしよう。

 

当然、世の中が回らなくなる。

 

そうすると誰が困るのか?

結局は自分が困る。

 

なぜ自分が困るのか?

「休めてハッピー!フォォォー!!」

とはならないのか?

 

身近なことで考えてみよう。

例えばコンビニだ。

 

コンビニの店員が

「あー今日は仕事に行きたくねぇ〜もう休んじゃうか!チョリーッス!!」

(何この店員の設定...)

となるとする。

 

そうすると24時間営業できなくなる。

 

そうなると困るのは誰か?

あなただ!

 

「全然困らないけど〜?あたいん家の近くコンビニないし〜てか近くに店ないし〜超田舎だし〜ファーッ●ク!!」

(なぜヤンキー設定なんだ...しかも古いし...)

って人もいるかもしれないけどその場合でもスーパーとかお店が一件も営業できないとなると困るよね?

 

まぁとにかく休みたい時に休める世の中にはならないということだ。

 

でも、有給取ってちゃんと手続きを踏めば休める場合もあるはずだ。

 

それでもなぜみんな苦しい思いをしているのか?

 

それは...

行きたくない、休みたいと思っても中々休めないからだ!

 

行きたくないのに休めない理由と対処法

f:id:nmugi:20170722080628j:plain

ではここで、行きたくないとこんなにも、こんなにも切実に思っているのに休めないのはなぜか、理由を色々考えてみた。

 

理由1:休みづらい雰囲気だから。

これ一番多いんじゃないのか?

日本人の悪いところとも言えるかもしれない。

 

休みを取ろうと思えば取れる。

そう、上司に申請さえすれば。

 

でも、できない。

 

周りが休みを取らないから。

 

そんな遠慮しがちなあなたに。

 

休みは取っていいし全然悪いことではない。

むしろ取りづらい雰囲気を醸し出している周りの同僚とか上司とか会社がダメなだけだ。

 

限度はもちろんあるかもしれないけど、

有給って取らないと損だろ?

だからさ、休もう?

 

ポイント:「時季変更権」を知って休むのは当然の権利だということを知ろう

有給の申請というのは僕たちにとって当然の権利であって会社はそれを拒むことはできない。会社は業務上その人がいないと回らない時や休むが集中している日には別の日にずらすことはできるけど休みをなかったことにはできない。

 

「時季変更権」という言葉があってこちらの記事で詳しく書いている。

関連記事:時季変更権って知ってる?「有給が取れない」と思っているあなたのために分かりやすく説明します 

 

理由2:忙しすぎて休めない、無理。

これはねぇ〜職種とか人員配置とかのせいもあるかもしれないからなんとも言いづらいところがあるんだけど、これで休みが取れない人も絶対多いはず。

 

「人数がそもそも足りていない」

「業務量が多すぎてマジ無理」

というパターン。

 

これはもうね、どうしようもないと思う。

 

しかもそういう状況に限って要領が悪い人が必ず1人はいたり、ぶっ倒れて休む人がでてくる。

 

これももう無理ゲーだわ

みたいなね。

 

これに対処するには1つしかない。

 

転職しよ?

 

ポイント:「仕事に行きたくない」と毎朝泣くのはもったいない

「仕事に行きたくない 」と毎朝泣く人がいる。

そういったことが続くとそれが当たり前になってしまって気付かない人も多いかもしれないけどそれはもう異常なことだ。

 

過度なストレスは判断力を鈍らせてしまう。

身体というのは意外と正直なもので、毎朝泣いてしまうというのはもう立派な拒否反応であって危険信号だ。

 

「仕事に行きたくない」と毎朝泣くのはもったいないから転職しよう。

関連記事:「仕事に行きたくない」と毎朝泣くのはもったいないから辞める勇気を持とう 

 

理由3:精神的に追い詰められて逆に休めない。

これは一番危険なパターンです。

毎日が忙しいとか頻繁に上司に怒られるとか原因はたくさんあるかもしれませんが

「仕事辛い」

「仕事行きたくない」

「仕事辞めたい」

そういうことを考える時間が長くなると、

心の余裕がだんだんなくなって逆に「休む」ことができなくなるんです。

そう、追い詰められてね。

 

以前僕はこんな方に向けて記事を書いています。

もしそういう方がいれば読んで下さい。

関連記事:「仕事行きたくない」と感じた時は要注意!ストレスによる身体の変化

 

ここまで追い詰められている人の対処法はただ1つ。

病院に行くことです

家族とか気の置ける友人と一緒にね。

 

医師に診断書を書いてもらえれば休職したり辞める理由にもなりますし、

それでも休ませてくれなかったり辞めさせてくれないような会社はクソです。

 

バックレてでもいいので辞めてください。

 

「責任感がない」

とか言う人もいるかもしれませんがそんなの知ったこっちゃありません。

 

あなたには次があるんです。

辞めないでずるずると仕事を続けて追い詰められて

うつになって、

そうなったら復職できないどころか日常生活もまともに送ることができなくなる可能性があるんです。

 

会社のことなんてどうでもいいんです。

大事なのはあなた自身。

 

ここまで追い詰められるくらいにあなたは十分頑張った。

だからもう頑張る必要はないんです。

 

「もっとできるよ、頑張ろう?」

「私たちも頑張るから」

って言う周りの方もいるかもしれませんが、そいつらは何もわかってません。

 

そいつらは医療の知識がある専門家ですか?

精神科の先生ですか?

 

違いますよね。

さぁ、すぐに辞めてください

 

以前「仕事を辞めるのは悪いことじゃなくて、むしろ良いことだ」という内容の記事を書いています。

もしよければそちらも合わせて読んで下さい。

関連記事:仕事を辞めることは悪いことじゃない、むしろ良いことだらけかもしれないよ 

 

「仕事に行きたくない」と休むのに理由なんていらない

f:id:nmugi:20170722080704j:plain

仕事というのは「お金のため」「安定のため」にしているだけであってそれ以上でもそれ以下でもない。

 

それなのに会社の都合や環境で休み取りづらかったり取れないのはおかしいことだし正直会社の都合なんてどうでもいい。

「真面目な人や頑張っている人が偉い」みたいなクソみたいな風潮がある会社が悪い。

 

「仕事に行きたくない」と休むのに理由なんていらない。

関連記事:「仕事に行きたくない」と休むのに理由なんていらない 

 

仕事を休むのは悪いことではない

f:id:nmugi:20170722080721j:plain

休めない理由を書いておいてこういうことを書くのはちょっとどうかとも思うけど、

仕事を休むこと自体は全然悪いことじゃないと思う。

 

というかここまで真面目に、頑張ってる人たちがおかしい。

 

仕事ってあくまでもお金を稼ぐための手段じゃないのか?

なかなか割り切れないけど。

関連記事:「仕事はお金のため」と割り切れない3つの理由 

 

なのになんでこんなに上司とか周りに気を遣わないといけないんだ?

 

楽しくやりたいとは言わないけど、なんでこんなにつらい思いをしないといけないんだ?

 

なんで最低限の休みももらえないんだ?

 

おかしくないか?

 

この状況が「当たり前」と思わない世の中になってほしいな。

 

「仕事を休むのは悪いことじゃない」

って思う人がもっと増えてほしいな。

 

むしろその考え方が「当たり前」になってほしいな。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は「仕事に行きたくない」と休むのは悪いことではなくてむしろ当たり前のことだよっていう内容でした。

 

この記事を読んで少しでも考え方を変える人がいたり共感してもらえると嬉しいです。

 

記事の内容は以上です!

 

おすすめの記事紹介

他にも仕事についての記事を書いています。

もしよかったら読んで下さい。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

ではまた!