むぎろぐ

仕事に行きたくないアラサー会社員の雑記ブログ

仕事に行きたくない!吐き気や腹痛の原因はストレス!?【心因性腹痛】

f:id:nmugi:20170902131851j:plain

どうもむぎです。
 
今回は仕事について書いていこうと思います。
以前書いた仕事についての記事は以下にまとめています。ぜひ読んでください。
 
今回の記事の内容は「仕事のストレスによる腹痛」についてです。
 

仕事に行きたくない理由

過去の仕事についての記事を読んでいただけるとお分かりになるかもしれませんが基本的に僕は仕事に行きたくありません。
 
理由は単純で仕事はお金のためだけにしていることだし楽しくないし頑張ろうとも思わないからです。「お金のためだけ」と割り切っているつもりだけどなかなか割り切れないから余計に仕事には行きたくない。
 
「それは仕事を一生懸命やっていない言い訳だ」なんて意見もあるかもしれませんがそんなこともどうでもいいくらいに仕事に行きたくありません。
 

仕事に行くだけでストレスだ

f:id:nmugi:20170902131951j:plain

「仕事に行きたくない」と毎日思っているとそれは非常にストレスです。
 
ストレスが続くとそれは様々な症状となって身体に現れます。吐き気や腹痛、ひどくなると鬱にもなることもあります。
 
今回はそれらの症状のうちの1つ、腹痛について書いていこうと思います。
 

仕事のストレスと腹痛

長々と書きましたがいよいよ本題です。仕事のストレスと腹痛について詳しく書いていきます。

 腹痛の種類

腹痛には大きく分けて3つの種類があります。
  • 内臓性腹痛
  • 体性腹痛
  • 心因性腹痛
 内臓性腹痛は胃や腸管等の臓器が収縮や拡張により刺激を受けると起こる腹痛です。差し込むような痛みであったり吐き気を伴うものが多いのが特徴です。
体性腹痛については腹腔内臓器の炎症が原因で起こる腹痛のこと。刺すような痛みで吐き気を伴わないのが特徴です。
上記2つの腹痛の場合はすぐに消火器内科や外科を受診されることをおすすめします。

心因性腹痛について

仕事のストレスに一番関連があるのが心因性腹痛でしょう。ストレスで胃が痛くなる理由は自律神経系のスイッチの切り替えがうまくできなくなるからです。

 

自律神経系には大きく分けて2つの種類があります。

  • 交感神経系
  • 副交感神経系
 昔のことで記憶が定かではないですが中学生か高校生くらいの時に習いましたよね。
2つの神経系のどちらも働きすぎると腹痛の原因になってしまいます。少し詳しく説明していきます。
 

交感神経系が働きすぎると

交感神経系が働きすぎると胃粘膜の血流が悪くなってしまいます。血流が悪くなると筋肉の働きが悪くなり痙攣につながります。胃の筋肉が痙攣することで腹痛の原因となります。

副交感神経系が働きすぎると

副交感神経系が働きすぎると胃酸が多く出すぎてしまいます。胃酸が多くですぎると胃の粘膜を傷つけたり炎症したりすることがありそれが腹痛につながります。「胃が荒れる」とはまさにこのことですね。

 

これらの腹痛に対しては「急性胃炎」や「神経性胃炎」「過敏性腸症候群」といった病名がつくことが多いですね。

 

仕事による腹痛を取り除くには

f:id:nmugi:20170827104445j:plain

原因が分かったところで、仕事による腹痛を取り除くにはどうすればいいのでしょうか。ストレスを取り除くのが一番の解決方法です。

簡単に書きましたが言葉にすれば簡単でも実際には非常に難しいです。仕事をしている限りどうしてもストレスはあるものなのでそれを0にすることはできません。ここでは簡単に対処法を書いていこうと思います。

誰かに相談する

気の許せる友人や職場の同僚、家族等誰かに相談するという方法です。ただこの方法は根本的な解決にはつながらないことが多いかと思います。職場の同僚や上司に相談してその人が上に掛け合ってくれるほど素晴らしい人であれば解決につながるかもしれませんがそんな人はなかなかいません。

 

この方法で気が楽になる人はまだ少し余裕がある人でしょうね。

病院を受診する

上記の方法で解決しない余裕がないあなたにはこの方法がおすすめです。病院を受診というとかなり大袈裟に考えてしまいがちかもしれませんが決して悪いことではありません。

 

胃薬の処方だけという場合もありますが抗不安薬の処方等ストレスを軽減する薬を処方してくれる場合もあります。抵抗がある方も多いかもしれませんが仕事をそのまま我慢しながら続けるよりはよっぽどマシだと思います。

仕事を転職する、もしくは辞める

根本的な解決につながるのはこの方法。ストレスの原因そのものである仕事を辞めてしまうという方法です。

 

誰かに相談しても受診してもストレス自体がなくなるわけではありません。無理をして仕事を続けてもっと重い病気になってしまうくらいなら絶対辞めてしまった方がいいです。

 

僕自身も前やってした仕事を辞めています。転職をしてもストレスはありますが一旦環境を変えると少し気が楽になったりします。仕事を辞めること自体は決して悪いことではないのでストレスで腹痛が収まらないようなあなたにはぜひ検討してもらいたいです。

関連記事:仕事を辞めることは悪いことじゃない、むしろ良いことだらけかもしれないよ

 

まとめ

f:id:nmugi:20170902132027j:plain

今回は仕事のストレスによって起こる腹痛について書いてみました。

「仕事に行きたくない」と悩めば悩むほどに吐き気がしたり腹痛がしたりする原因になります。

 

まずは受診をしてそれでも解決しなければ思い切って辞めたり転職するのも1つの手段かもしれませんよ。そのまま仕事を続けて重い病気になってしまう前にぜひ検討してみてください。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ではまた!